東京西部のカスタムショップMST Customsは、エアサス、車高調・ホイールセットアップなど各種カスタムを行うプロショップです。豊富なエアサス取付実績や、ホイールセットアップ、ローダウンなど国産車、輸入車問わずご対応いたします。

  1. エアサス
  2. 446 view

200系ハイエースエアサス取付!エアフォース

200系ハイエースにエアフォースゴールドキット取付いたしました。

全下げ状態

全上げ状態

 

ハイエースは、様々な用途で使用されているお客様も多く、ビジネスユースから、キャンピングユースまで多様ですが、
今回ご依頼いただいた、お客様は今流行の車中泊を楽しまれているオーナー様です。

普段の乗り心地の改善もポイントですが、車中泊の際に寝心地をよくするために導入されました。4独のエアサスの導入により車内の水平を調整して、快適に就寝出来る仕様にすることも目的とされていました。

キャンパー仕様のため、室外へユニットの設置を行います。

ユニットの設置に際しては、ワンオフでブラケットを制作して、タンクトコンプレッサーを取付します。
標準でワンタンク+ワンコンプレッサーの仕様ですが、今回は追加でもう1セット導入いただきツインタンク+ツインコンプレッサー仕様です。

ブラケット制作に際しては、スペアタイヤを取り外し、フロア下にはみ出ないように設計していきます。取付穴は、純正のサービスホールを使用しながら縦方向と横方向に固定を行うことで万一の時に落下しない仕様になっております。

取付で差が出るのが、このようなワンオフ製作品です。
MSTでは、制作時に様々なシチュエーションを想定しながら製作していきます。
なので、万一取付ネジが1本緩んでしまっても、事故が起こらない仕様になっております。
エアサスの肝となるパイピングも、走行中に引っかけてしまわないような取り回しを行います。

メンテナンス性もよくするために、水抜き用の電磁弁を設置して車内からスイッチ一つで水抜き作業が行えます。

取付と並行して改造申請の書類も製作して陸運局へ届出をおこないます。

完成したら陸運局へ車輌を持ち込み記載変更の手続きを行い車検証の車両型式の後に改が付きます。
これで、車検の際も今まで通り継続車検を受けることができます。

同時に室内のサブバッテリーカバーの製作もご依頼いただきました。

今回取付を行った製品はこちら

エアサスの最近記事

  1. 30系アルファード続々取付!

  2. 200系ハイエースエアサス取付!エアフォース

  3. まだまだ人気の30プリウスへエアサスインストール!

  4. 86にエアサス取り付け:着地はしない

  5. エアサスパイピング施工

関連記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。